1. えぞ式 すーすー茶

    えぞ式すーすー茶

    花粉の季節を迎えると、花粉症の人は花粉対策が必要になり、悩ましいことです。
    花粉対策に有効であると期待されている商品のひとつが、えぞ式 すーすー茶です。
    えぞ式 すーすー茶は、花粉症対策によく用いられる甜茶やクマザサ、赤紫蘇の3つの茶葉をブレンドしているのが特徴です。
    えぞ式 すーすー茶にはカフェインが含まれていないので、寝る前でも飲めますし、子どもにも飲ませられるのがメリットです。
    デメリットは甘いということで、甘いものが苦手な人には向かない可能性があります。

  2. 白井田七。茶

    白井田七。茶

    花粉対策に白井田七。茶、を利用する人が増えています。
    白井田七。茶は、無農薬有機栽培でつくられているのが特徴です。
    静岡産の緑茶と白井田七人参をブレンドした商品であり、その両方の健康パワーが体質改善に役立つため、結果的に花粉症が改善されているという人が多いと見られます。
    メリットは、抹茶にしてあるため、緑茶の成分を最大限に生かせるということです。
    デメリットは、花粉対策に特化した商品ではないため、効果がでるのに時間がかかることもあるということでしょう。

  3. マジックボール

    マジックボール公式オンラインショップ 商品販売プロモーション

    春頃になると大勢の人が悩まされると言われる花粉症ですが、家の中にも花粉が入り込む場合があります。
    家の中でできる花粉対策に、今通販で話題のマジックボールが注目されています。
    マジックボールの特徴としてPM2、5対策ができると言われ、豊富な香りが揃っているところもメリットに挙げられます。
    一方ではデメリットとして、一般家庭で使う場合には金額が高めという評価があり、贈答品には向いているけど自分で買うには高価すぎると意見する人もいます。

  4. ポレノン

    ポレノン

    今年も花粉症の季節が近づいてきました。
    花粉対策といえばマスクが一般的ですが、このマスクに代わる新しい商品がポレノンです。
    ポレノンの特徴を一言でいうと、「液状マスク」
    鼻などの花粉症の症状がきつい箇所に一吹きするだけで、症状を大きく緩和することができます。
    一番のメリットは、マスクフリーになることですね。
    気候のよい日にも常にマスクが欠かせなかったのが嘘のようです。
    デメリットとしては、目に噴射した場合に液が垂れてきたり涙目になったりする点でしょうか。
    ただ、噴射量を少なめにすれば問題ありません。

  5. WELLVE「赤水晶」

    WELLVE「赤水晶」

    WELLVE「赤水晶」は、プロポリスとレスベラトロールを含むという特徴を持ったサプリです。
    プロポリスには抗炎症作用があり、レスベラトロールには抗酸化作用があるため、花粉対策が出来るといわれています。
    鼻の粘膜の炎症を抑えたり、細胞を活性化させて免疫力を高められるというメリットがあるので、花粉の時期に過敏になっている鼻の粘膜の状態を改善し、辛い鼻水の症状を抑える効果を期待できます。
    デメリットはまったく効果がない人もいることです。
    これは実際に試してみないとわからないので、気に入ったらリピートするようにしましょう。

花粉が多い時期の花粉対策について


花粉のお多い時期の花粉対策の特徴とメリットとデメリットについて説明します。
花粉のお多い時期は5月頃がピークですが、早ければ2月後半頃から花粉が飛び始めていています。
なので、マスク着用している方については風邪の予防なのか花粉対策でしているのかわからないことが特徴ではないでしょうか。
昨今の予防としては注射が良いです。
注射する事で鼻水や目のかゆみを抑える事ができます。
逆にデメリットは眠気が若干起きる事です。