花粉症の症状で特徴的なものと言えば目のかゆみではないでしょうか。

他の症状は風邪ともよく似ていますが、目のかゆみは風邪には無い症状なので一つの判断基準になっていたりします。

ただ、花粉症が原因で目のかゆみは強くあらわれてしまうと掻いても掻いてもかゆみが治まらないだけではなく、目が腫れたり痛みを感じるようになったりするのでとても厄介です。

極力目を擦らないように我慢している人も多いですが、我慢をし続けるというのはとても辛いものですので、どうにかして目のかゆみを改善できるように少しだけその方法を紹介しますね。

花粉症による目のかゆみの原因とは?

そもそもどうして目がかゆくなるのというと、それは花粉が目に入った時に目を守るためにヒスタミンなどの物質が放出されるようになります。

すると涙の量が増えたり血管を拡張させて目を充血させたり目のかゆみといった症状があらわれるようになります。

日頃からできる目のかゆみの改善方法

コンタクトレンズの使用は控える

コンタクトレンズを使っているとレンズの部分に花粉が付着しやすくなってしまいます。

裸眼の時もそうですが、花粉がレンズなどに付着してしまうと花粉症の症状を引き起こしてしまうので花粉症対策用のメガネを使ったりしてなるべく目に花粉が入らないようにしてみてください。

目を冷やす

目がかゆくなってしまった時に一時的にかゆみを改善する方法は湿らせたタオルを冷蔵庫で冷やしたものを目に当てると良いですよ。

一時的な効果ではありますが、目がかゆくて仕方ない!という時に有効です。

目を洗う

洗眼液などで目を洗うようにすると花粉を取り除けるので良いかと思います。

ただ、洗眼液は必要な物質まで取り除いてしまうので使い過ぎには注意してください。

気になる場合は病院で点眼薬などを処方してもらうようにするといいかもしれません。

この他にも家に入る前に一度服についた花粉を払い落としたり手洗いうがいをきちんとやるようにするのも意外と有効ですのでやってみてくださいね。